トップへ戻るhome
T-1307 LTOサーボライター
T-1307 LTO Ultrium ServoWriter
【主な特長】 | 【仕様】
【主な特長】
T-1307
本機は受注生産品です(写真は第1世代,オタリ標準のサーボライター).
オタリ「T-1307」はLTO(Linear Tape Open)の提唱するULTRIUMフォーマットに準拠したサーボ・トラック信号をNABハブに巻かれたパンケーキ状の磁気テープに記録する装置です.
T-1307はオタリと米国ヒューレットパッカード社との共同開発です.オタリの高精度テープ走行技術ならびにテープ評価技術と,LTOフォーマット提唱者の一員であるヒューレットパッカード社のLTO要件に関する詳細な知識とが融合した結果,高精度・高信頼性を確保したULTRIUM用サーボライターが完成しました.オタリはULTRIUM用カートリッジ・ローダーやテープ・エバリュエーターもこのシステムの一部として開発しています.
  • 記録ヘッドと一部のガイド・ローラーは同一のサブパネル上に搭載し,トップ・パネルと分離されるため,振動に強い設計
  • 安定した記録パルスの発生回路を内蔵
  • 記録したサーボ信号のドロップアウトの検出のためのベリファイ・ヘッド搭載
  • 巻き取り側パンケーキの巻き取り品質向上のためのパック・アーム搭載
  • 外部PCとの通信ポート搭載(トレーサビリティ・システムにも対応可能)
  • 消去ヘッド搭載
  • テープ・クリーナー搭載
  • テープ・ブレード搭載可能
LTOフォーマットの詳細はhttp://www.lto-technology.comをご覧ください.
この製品に関するお問い合わせは…

オタリ株式会社 営業部
TEL 03-5941-5207 / FAX 03-5941-5257